日本人の5人に1人が『睡眠で休養が十分にとれていない』原因とは!?

日本人の5人に1人が『睡眠で休養が十分にとれていない』原因とは!?

 

 

 

 

今日も一日、仕事頑張ったよ。ぐっすり眠って、心も体もリフレッシュした朝を迎えたい!

 

 

 

そう思っていても、現実はそうはいかないという睡眠の悩みを持っている人は、結構多いと言われています。

 

 

『寝る時、布団に入ってもすぐに寝れない』
『寝ている途中で、何回か起きてしまう。。。。』
『寝た気がしなくて、日中に眠たくなる。』
『起きれる自信がない不安から、寝ることができない。』
『週末に寝だめをすればなんとかなると思っても、あまり改善された感じはしない。』

 

もしかして、あなたもこのようなことを思ったことがあるのかもしれません。

 

 

 

2017年の新語・流行語大賞に、『睡眠負債』という言葉が来る時代になってしまいました。
日本人の5人に1人が『睡眠で休養が十分にとれていない』という結果が厚生労働省の調査で発表されています。

 

これでは疲労に悩む人が増えるのも無理はありません。。質の良い睡眠をとらないと過労死リスクも高くなるといわれています。

 

 

 

 

 

 

睡眠の本当の悩みは、このことです。

 

睡眠の本当の悩みは、『もっとたくさん寝たい!』のではなく、『寝ても疲れが取れない!』ということだと思います。

 

 

 

私たちは、どうして睡眠をとらなければならないのかというと、起きている間に、体にたまった疲れを回復させるためですよね。

 

起きて様々な活動をしているので、必ず疲れます。ですので、今より少しでも睡眠の質を上げていくことが大切になってきます。

 

 

今、世間を見渡してみると、数年前までは考えれなかったくらいに、技術などが進歩していることに気づきます。
ならば、最先端の医学を駆使すれば、疲労を作らないようにできるのかというようなことは、さすがにできないみたいです。

 

ですので、やはり今でも、「質の良い睡眠」をとる以外に疲れを回復する方法はありません。

 

 

 

 

 

疲労のすべては、いったいどこに原因があるの!?

 

「肉体疲労がたまっている」「精神的に疲れた」など、私たちは肉体の疲労と脳の疲労をまったく別のものと考えてしまいがちです。

 

 

ですが、実はどちらも疲れの仕組みとしては同じだということです。

 

例えば、激しい運動をすれば体中がしんどくなって、だるくなったり、重く感じたりします。
一方でデスクワークを続けると頭が疲れたり、目が疲れたような感覚に陥ります。

 

 

 

 

この2つの活動はまったく違う部分を使っているように見えて、実は共通して働いている部分があります。

 

 

それが「脳にある自律神経の中枢」です。

 

Q:自律神経とは、なに?

 

A:自律神経とは、呼吸、消化吸収、血液循環、体温、心拍数などを調整している神経です。

 

体のほとんどの器官は自律神経の中枢によってコントロールされています。

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

 

・交感神経は体を活発にする働きがある。
・副交感神経は体を休息させる働きがある。

 

 

この自律神経の働きをコントロールしているのが、脳にある自律神経の中枢です。

 

実は、運動する場合もデスクワークの場合も、疲れていたのは自律神経の中枢だったのです。

 

 

ですので、できることは一つだけです。 質の良い睡眠をとるしかないのです。

 

睡眠の質を上げることができると、今以上に体の疲れがとれて、日中の能率を以前より良くすることができます。

 

体感的には、体が一日軽くなった感じがして、以前より、気分も良く、活発に、快適に、過ごすことができるようになります。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くも悪くもなるポイントを、知る。

 

 

睡眠の役割は、起きている間の疲れを回復させるためです。

 

 

その睡眠の質を上げる一番大事なポイントは、睡眠に入ってからの最初の90分の一番深い睡眠が、とても大切になってきます。

 

この90分の時間の事を『ノンレム睡眠』といいます。この言葉は、もしかしたらテレビなどで一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

その大切な90分の次にやってくるのが、夢をみたりする『レム睡眠』といわれる時間になっていきます。

 

 

 

ノンレム睡眠=深い眠りの事で、起きる前になると、浅く短くなります。
レム睡眠=浅い眠りで、明け方に近づくとながくなっていきます。

 

 

この2つの睡眠が、一晩の睡眠中に4〜5回繰り返されていきます。

 

なぜ、最初の90分が大事なのでしょうか?
最初の90分の『ノンレム睡眠』をどれだけ深く眠れることができるのか? というところが大事です。
なぜなら、ここで深く眠ることができると、そのあとの睡眠の流れが良くなり、その結果自律神経やホルモンの働きに良い影響を与えてくれるからです。

 

自律神経の中枢には、疲労の原因があることは、つきとめられています。

 

 

最初の90分をしっかりと眠ることで、得られるメリットとは
@細胞の成長
A新陳代謝の促進
B皮膚の柔軟性が上がる
Cアンチエイジングの役割もする

 

 

といった、毎日を楽しく快適に過ごすために必要なものばかりが手に入ります。

 

そして話は元に戻りますが、この貴重なグロースホルモンの分泌量とノンレム睡眠の質が大きくかかわっているということになります。

 

 

ですので、毎日、忙しくて寝る時間がない人ほど、はじめの90分の睡眠の質を上げるほうが良いと言われています。

 

 

 

 

 

 

熟睡できる方法を、知っておきましょう。

 

 

 

 

最初の90分の深い睡眠をうまくとるようになるには、
寝る前にあなたが心地よくリラックスできているか?ということが目安になります。

 

そこで、今日の夜からでもすぐに取り入れることができる、簡単にリラックス出来る色々な方法がありますので、ご紹介します。

 

 

 

 

 

蛍光灯ではなく、やわらかい電球色の明るさの部屋で、眠っていく

 

寝る前は真っ暗闇にしないことです。
真っ暗すぎると、逆に不安感を覚えて緊張してしまって眠れなくなる場合があります。
蛍光灯は、逆に目を刺激して眠りにくくなります。
間接照明でよく使われている、やわらかい電球色の落ち着く部屋で、眠ることがベストです。

 

 

 

 

アロマオイルなどで、自分の好きな、落ち着く香りにして眠りにつく

 

アロマが好きな人は、気分が落ち着く効果があります。
これを活かして、ゆっくり眠れる環境をつくります。

 

 

 

 

心から落ち着く音楽を見つけておいて、寝る前に小さめの音で流しておく

 

好きな曲でも、興奮してしまうような音楽は就寝前には向いていません。
日ごろから、リラックスできる音楽を探しておくこともおススメです。

 

 

 

 

軽くストレッチをし、深呼吸をゆっくりして体の緊張をほぐす

日中に酷使した体をほぐしていくと、自然と眠気が出てきます。落ち着いて、ゆっくりとストレッチをしましょう。
深呼吸の効果は凄いものがあります。ゆっくりと大きめに呼吸をすると、精神的にも落ち着いてきます。

 

 

 

 

 

一日の中で、あまり体を動かさない(動いていない)人は、日中に歩いたり、自転車でも良いので動く習慣をつける

 

一日のうち、どこかで、30分間運動をしましょう。
そうすることで、日中の心地よい疲労が、夜のスムーズな睡眠に結びついてきます。

 

 

 

 

 

朝に日光を浴び、日中の仮眠は20分までにする。

 

日光を浴びるとこは大切で、体内時計の乱れが調整されていきます。
仮眠をとることで、日中の眠気がなくなり、リセットできます。
20分までとすることで、夜の睡眠に影響を与えないようにします。

 

 

 

 

 

食事は寝る2時間前まで。カフェインは寝る5時間前まで。

 

寝る寸前の食事は、胃の中で食べ物を消化しきれていないまま寝ることになります。
その結果、胃もたれや胸やけに影響し、次の日のダルさにも、つながります。
カフェインには覚醒作用があり、眠りを妨げる可能性があるので、時間を空けます。

 

 

 

 

 

アルコールは大量に摂取せず適量にして、就寝の3時間前までにする

 

寝る前のお酒は良いと聞いたことがあるかもしれませんが、寸前は、控えたほうが良いです。

 

 

 

 

 

寝る一時間前にはテレビやスマホを止め、30分前にコップ1杯の水を飲む

 

テレビやスマホからは、ブルーライトが出ています。
この光が、睡眠に入るときに出るホルモンを抑制してしまいます。
水には、睡眠を促す効果もあります。
コップ一杯の水を寝る30分前に飲めば、心地よい眠りにつくことができます。

 

 

 

 

ゆっくり入浴する。

 

ゆっくり湯船につかると、一日の疲れがほぐれて、精神的にもリラックスした状態になるので、体が寝やすい状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠薬はちょっと怖いという人に『睡眠専用サプリ』があります。

 

スッキリ爽快な朝を迎えるためには、心地の良い夜が必要です。
その夜を、作ってあげることによって、体がリラックスしていき、熟睡に結びついてきます。

 

 

体の外側はリラックスした環境を整え、体の内側からはサプリメントで熟睡できるようにもっていく。
このダブルの方法がおススメで、今までにない、健康で快適な生活にチェンジしていくことが出来ます。

 

 

仕事などの都合で、睡眠時間は増やせない状況でも、睡眠の質を上げることができれば、疲れがたまらなくなってきます。
睡眠の質が上がってくると

 

 

@寝起きの体がスッキリ気持ちよく、気分が良い。
A美容トラブルの悩みも激減。
B仕事のパフォーマンスも上がってくる。
C以前より、集中力も向上してくる。
D休日を、充実させることが出来る。

 

 

といったことが、体で実感できます。

 

 

次に、睡眠薬はちょっと怖くて遠慮してしまう方に、薬ではないので体に優しい、睡眠サプリメントをご紹介します。

 

睡眠に入るときに自然に眠ることをサポートしてくれる。そんなサプリメントです。

 

この睡眠サプリは、数年前からジワジワと人気が上がってきていて、実績のある商品です。

 

 

 

自然な眠りに優しくサポートしてくれる、睡眠サプリメントでバックアップします

 

先ほどまで、主に体の外側からの環境を改善する方法をメインにご紹介してきましたが、サプリメントを体の中に摂り入れることにより、あなたの睡眠の質をもっと高めるためのバックアップサポートをしてくれます。

 

 

 

 

 

 

体のまわりの環境を整えることと、体の中から、睡眠の質をあげてくれるサプリメントの摂取というダブルの効果で、乱れているリズムを整えていってください。

 

page top